パチンコ店の店舗視察

雑談
Free-Photos / Pixabay

新規店舗がグランドオープン、また既存店舗が改修工事を実施してにリニューアルオープン

このようなタイミングで店舗視察を実施する方は結構多いと思います。

私も

興味本位で

の視察を実施する事は多々あるのですが、これあまり意味ないですよね(笑)

得る物が少なすぎるんです

・販促はグランドオープンスケジュールでほぼ統一されている(参考にならん)

・設備はもちろん最新(見ても羨ましいだけで、取り入れられんw)

・機械はもちろん旬な物と実績出ている物(羨まry)

スタッフの表情がー、とか

出玉がー、とか

それ見て私の店舗運営に何の参考になるのか?

であればグランドオープンから一定期間経過した店舗の稼働状態を見て、何故そのようになったのか?を考える事の方が必要。

それならば自店に参考として取り入れる事が可能かもしれない、視察の恩恵がある。

そんな思考の私が昨日、五反田~上野辺りの店舗を結構な店舗数視察してきました。

その理由を本日はお伝えしようと。

今回の視察の本来意義は、社内の一般職~主任あたりの業務時間を使っての視察が中々難しい(本来業務が別なので)メンツに向けて

実店舗名を出して、この店のこの部分は参考になる、この店はこの運営だからやはり稼働低い、この点は自店も見直し必須等と情報を発信する為の視察です。

 

Free-Photos / Pixabay

 

店舗視察の意味合い

そもそも何故同業他店舗を見て回るのか?なのですが

私が思うに、我らがP業界は

パクリあいの商売やで!

私はそのように思っております(笑)

ですので、何かしら美味しい物はなかろうかウッシッシッと同業他店を見て回ると。

前提として、お客様の要望事項を実行した上で、と前提をつけますけども。

 

スポンサーリンク

 

見る部分(パクル)

最上段でも記載しましたが、各種機種構成や設備等を見ても、実際問題として自店に導入出来る部分は相当少ない。

せっかく大切な時間を使って他店を視察するのであれば

持ち帰り自店でも採用出来る事

これを視察して持ち帰らなければ視察の意味が無い。

また視察対象店舗を深く知りたいのであれば、数十分程度の視察では何も分かりません。

実際に椅子に座り、数時間遊技する事で見えてくる事、数十分もしくは数分で見えてくる事には段違いな差が生まれます。

で、本題である今回私が実施した視察の大義は、数分で見て分かるインスピレーション的な部分です。

所謂告知物についてを見て回ってきました。

 

告知物の重要性

入店して即の告知物の重要性ですが

・今から遊技する方の遊技意欲をそぐ物ではないか?

・素に戻ってしまう告知物ではないか?

個人的に結構重要ポイントは上記となります。

今回視察した店舗の中で、告知うまいなぁと感じた店舗の共通項は

・ワクワクさせる

・伝えたい事が明確(良いか悪いかは別として)

・品がある

上記がうまい店舗の共通項

反対に下手な店舗の共通項

・入店して即壁、装飾無し

・入店して風除室から手動ドア(素に戻る)

・正直センスの無い告知

・ぶっちゃけ汚い

このような告知が下手な店舗の稼働は・・・でした。

 

スポンサーリンク

 

私的な告知のオススメ手法

コンセプト固めたら、センスの良い広告専門業者へまる投げ(笑)

これが一番手っ取り早いですね。

 

今回の更新は対象店舗名等が出せないので(出したら申し訳ない)ちょっとフンワリした内容となりました。

自社向け資料は画像だらけで、もっと詳細内容となっています。

 

本日は以上です解散です解散。

コメント