天皇陛下の最後のお言葉

この更新は私のただの日記ですので、スルーして下され。

不敬な言葉や文章があったとしたら申し訳ございません。

 

今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

心を揺さぶられると言いましょうか

涙が目の奥からあふれてくると言いましょうか

言霊といいましょうか

心に響く最後のお言葉でした

 

 

平成28年8月8日

この日に象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことばを述べられました

この全文は宮内庁の公式HPに掲載されていまして、この時の動画も掲載されています。

この動画を見ても涙が止まらないといいましょうか

うまい言葉がみつからないのですが

早く楽になっていただきたい

このように思いました。

 

ありがとうございます平成、令和の時代も平和だと良いな

私は昭和生まれで、平成という時代を

・就職

・結婚

・転職

・子供

という人生の中の大きいイベントを色々と経験してきました

私の家庭というミクロな場所で見ると、明日からの令和の主役は娘となる訳で

自分の子供がいきいきと生きていけるように私は頑張らないとな、と改めて考えるきっかけとなった本日でした。

 

さあ、明日から今まで以上に頑張ろう。

コメント