ファン感謝デー

雑談

8/3(金)より開催されているのは

第4回、全関東パチンコ・パチスロ夏の大感謝際ですが、この記事ではまとめてファン感謝デーと記載しています。

ファン感の歴史ですが、私は正確な資料を持ち合わせていませんので、参考として全日遊連のHP等を参考としています。

全日遊連HPによりますと、第1回の開催は平成3年の12月が初開催との事。

その後毎年11月に開催される定例イベントとなったようです。

 

ファン感景品の1セット単価

このファン感で配布される景品なのですが

中々良いお値段となります。

次回11月に開催されるファン感景品、1セット80.000円となります。

頼める上限数は9セット、80.000円×9セット=720.000円

これをジャグラーの設定⑥に換算しますと、ちょっとシミュレーションしてみます。

試しに、今が旬のマイジャグⅣでシミュレーションしてみました。

条件は色々ありますが、分かり辛くなるので軽い説明とします。

マイジャグⅣの設定⑥の出率は約109%

シミュレーションの条件として

・コイン単価2.2円

・アウト20000枚(ちょっと多く見過ぎたかも)

・出率は±10%を誤差として許容

これでシミュすると

台売上44.000円
台粗利-24.666円
出率109.4%

上記の結果となります。

もしもですが、ファン感景品9セット買ったら720.000円

マイジャグⅣの設定⑥は-24.666円

3日間で何台の⑥使えるんでしょうか

720.000円÷24.666円=29台

1日約10台の⑥となります。

上記は超極論で、そもそも9セット購入するのは1000台クラスのお店様でしょう。

 

 

実例としてスポーツ館のファン感

ここまで、例として極端な事書きましたので実態をみてみましょう。

スポーツ館2016年ファン感景品購入数=3セット 

240.000円となります。

その後どうなった?

2017年ファン感景品購入数=1セット80.000円 経費16.000円削減

2018年ファン感景品購入数=1セット80.000円 経費16.000円削減

必要な経費が減れば、当然必要な粗利も減ります。

では、2016年と2017年の稼働数はどのように変動したか?

2016年のファン感開催日平均稼働113名

2017年のファン感開催日平均稼働118名

なんと、稼働数増えてます。

上の方に書いた、景品金額と設定金額のロジックはまったかもしれませんね。

 

ファン感は毎年何回あるのでしょう?

私が管理している店舗で、覚えてる物を羅列しますと

・彩の国パチンコ・パチスロ祭り

・全関東夏の感謝際

・全国パチンコ・パチスロファン感謝祭

覚えている物で上記の3回となります。

で、微妙なニュアンスなのが

全関東夏のファン感謝際

今後機種スペックが弱まり、集客の難が出て来た時

もしかしたら上記の全関東夏のファン感謝際

これが

春夏秋冬になる可能性ってどうなんでしょうね?

そうなると毎月何かしらのファン感が開催されるという、なかなかなカオスっぷりが見られるかもしれません。

 

最後にファン感景品

実は、過去に景品の単価をネットで調べたら

・・

・・・

はい、そんな所です。

何だか、聞いた事の無いタブレットが景品として準備されている回がありました。

それのネット価格は1万円切ってました、が。

これ以上はやめておきましょう。

本日の返りに私がどこかのパチンコ店のファン感で、ヤクルト辺りが当たる事をお祈りして今回の記事を〆ようと思います。

 

コメント