LINE@の効果測定してみよう

雑談
Alexandra_Koch / Pixabay

LINE@使ってますよね??LINE@で結構使うのがリッチコンテンツだったりします。

何故突然LINE@の話題だしたかと言うとですが、数日前にWEB広告の先月実施の報告があったんです。

その際に広告担当の方から

LINE@の効果測定されてますか??

猫店長
猫店長

何それ?美味しいの??

こんなやりとりがありまして、実は私LINE@の効果測定出来るなんて知らなかったので。

猫店長
猫店長

これはヤラネバアカンやでぇ・・・

そう思い立ち効果測定実施の準備をしたんです。

 

そもそも何の効果測定するのよ?って話

LINE@の何を効果測定するのか?ですが

・どのような文言がクリックされているか?

・どのようなバナーがクリックされているか?

これを効果測定しましょう!という事なんですね。

リッチなんちゃら使う理由は、クリックしたその先を見てもらいたいからですよね?

であればクリック率の高いバナーや文章を使うのが良いでしょうという事です。

 

効果測定に使うのはいつものアレです

Simon / Pixabay

我らが崇拝するGOOGLE神が無料で提供してくれている

GOOGLE ANALYTICS

今回もこのツールを使って効果測定を実行します。

Anayticsはかなり優秀な解析アイテムですので、自社サイト等お持ちの方は導入すると人生楽しくなります。

唯一P-WORLDだけは解析した事が無いのが悔やまれます。

自分のブログ、情報公開サイト、アメブロ使用時はアメブロもこのANALYTICSで色々と見てました。

現在運営している他ブログはANALYTICSとサーチコンソールを穴あくんじゃね?というレベルで凝視してます(笑)

 

どうやってANALYTICSとLINE@紐付けるの?

StockSnap / Pixabay

これは各種紹介サイトがあるので、そっち見て下さい(笑)

ANALYTICS LINE@ これでググると出てきますよ。

簡単に説明すると

LINE@のバナーに付与しているジャンプ先のURLをANALYTICSが認識するようにします。

その際に使うと便利なのがキャンペーンURLビルダー、これも詳細は色々な場所で紹介されているのでそっち見て(笑)

キャンペーンURLビルダーで生成したURLをバナーに付与する事でANALYTICSとLINE@が紐つきます。

これでANALYTICS上でどのバナーがクリックされてるのか?が分かるようになりますよ。

 

正直WEB関連をじっくりと検証する時間が欲しいヨボヨボ

WEBに特化した時間が欲しい(笑)

全てが片手間になっているので、なんとも全ての仕事が中途半端なんやで・・・

以上、解散。

 

コメント