ネタ更新 取得出来る情報が増える事で起きる性善説の崩壊

雑談
jugendweihebb / Pixabay

やあ、黒猫店長やで!!

アイキャッチの黒猫くるとおもったでしょ?

いやいや、そんな毎回同じ画像は使わんですたい!

bella67 / Pixabay

 

 

何記事か前にマーケットSISというダイコク電機さんの新しいサービスについて触れたのですが

これ、よくよく考えたら性善説に基づいて運用している訳で、扱いようによっては中々他者を騙す事が出来るツールになりそうな・・・

現役パチンコ店の店長が思いつく

悪い事

をちょっとだけ書いてみます、ちょっとだけね。

 

 

そもそもどうやって稼働しているかを確認しているのか

定時定時で対象機種が動いているか?をホールコンピューター上で確認し、その統計データをというのがマーケットSISですよね。

そして機種が動いているか否かを確認する手段は、該当の時間に該当機種のアウトが上がっているか?を確認していると。

もしアウトボックスに手で玉入れたら・・・

 

悪い事その1

このマーケットSISの凄い所って、バラエティコーナーを単台で管理出来る所ですよね。

競合の一ケ月間のバラエティ機種の中の、特定機種の月間稼働率が一発で分かる。

そうなりますと、自店に設置されていなくて、競合に設置されていて月間稼働率高い台

これを自店に導入したくなるのが普通の思考ですよね。

本当に稼働してるのなら

可能性の一つとして、自店に設置されている稼働率の低くかつゲロ甘な台

これをデータ収集する時間になったら、台を開けてアウトボックスに1~2玉ポイッ・・・

これを継続して、競合がその機種導入したらシメシメウッシッシ・・・

とかね!

 

悪い事その2

新台の稼働推移って気になるじゃないですか?特に同商圏で同機種導入した時。

特に今時期ですとスロット6号機の動向とか気になりますよね!

スロットの稼働データ収集も同様アウトを追っていると思うので

情報収集定時になったら、その新台遊技しているお客様に

「アンケートのご協力お願いしますニッコリ」

なんて事を1日に2回~3回実施すれば、その2.3回計のタイミングは稼働ゼロになると。

結構稼働率落ちますよね・・・

とか

他にも色々思いつくけどやめておきましょう。

 

これからの時代は高度な情報戦の時代や!!

まぁここまで書いたのは冗談ですが(笑)

やろうと思えば出来るけど、そこまでやる労力に対しての見返りが極端に少ないのでね。

ただ、見出しにも書いたとおり、今後は各種情報での戦いは確実に増えていきますよね。

そんな戦いが起きた際に、今回の記事を思い出して頂ければという事で本日の更新を〆てみようと思います。

 

ほなまたね!!

jugendweihebb / Pixabay

 

 

コメント