AKB48誇りの丘 導入1週間推移

 

先週12/18より稼働開始となりましたAKB48誇りの丘1週間稼働実データとなります。

実際に導入される前にAKB48誇りの丘について各種考察しましたが、どの程度精度高く考察出来ましたでしょうか。

設計値と少し差が出ている数値もありました、これはユーザーの方には少し嬉しい差数だと想定しますよ。

ただしかし、総合した設計値よりもかなり辛く推移しているような・・・

AKB48誇りの丘、遊技年齢層を公開しましたのでこちらも合わせてご覧ください。

 

設計値と差が出ている数値

「小当BA」というデータが存在するのですが、ようはRUSH中の出玉の増加数がどの程度か?を確認するデータとなります。

この小当BAなのですが、取り扱い説明書を見ますと180という数値が記載されています。

180というのは1分間に180玉戻りますよという意味合いとなります。

パチンコは1分間に最大100発の玉を打ちだす事が出来ますので、小当BAを見ますと1分間に80玉の増加が見込めますね!

という設計値となっているという事となります。

運用1週間データを見ますと、小当BAの実績値が約194という数値となりました。

設計値よりも1分間に約15玉程増加する玉が多いという結果となっています。

小当たりRUSH中は玉が増えてなんぼですので、設計値よりも多い分にはユーザーの皆様には良い報告なのではないかなと。

 

アウト推移

アウトの推移ですが、1週目は計画に対して125%でのアウト推移となり、正直ここまでアウト入るかと驚いたのが素直な感想となります。

ただ、運用2週目の昨日からは少し暗雲立ち込めるかな?という推移ともなっています。

しかし、やはりAKBという版権が大好き!というお客様は多々いらっしゃいまして、空台出るまで待ってるから

もし空台出たら教えて欲しいという方も多々いらっしゃいました。

 

各種数値や考察等

1週目のアウト推移は想像以上の推移でしたが、一つこれはまずいという数値が出ています。

客滞率という数値なのですが、ようはお客様がどの程度その機種で粘って遊んだかという指標となります。

この客滞率がかなり低いんですね。

通常の新台と比較するとおおよそ75%程度の客滞率となっています。

たしかに現場でAKBを見ていると

・大当たり発生→うまい事RUSH入る→RUSH抜ける→即やめ

このような方が非常に多いです。

獲得玉で再度特賞を狙おうという気持ちを削ぐ何かがあるからこのような状態となると想定します。

たしかにAKB48誇りの丘のような通常→特賞→RUSHという3段階でのゲーム性の機械は、再度RUSHに入るまでのハードルが高いので追いかける気持ちが他機種と比較すると低めなのかもしれません。

冒頭の文章でも記載したのですが、このAKB48誇りの丘という機種は、設計値通りの運用をしているのですが、とんでもなく辛い機械というのが1週目運用の評価となります。

各種サイトに掲載されているボーダーラインなる数値が存在しますが、このAKBのようなRUSHまでの道のりが3段階系統機種は中々その数値でもユーザーの方が満足できる結果が出せるか?はかなり不透明な指標のような気がしますね。

 

1週運用実データですので、データの集積値が少ないという事もありますが

・非常に辛い機種であり2週目以降のアウト推移に不安がある

・RUSHまでの道のりが遠く、かつ客滞の低い機種なので出玉感にかける

・玉単価が想定よりも低く、かつ利益率が高いというアンバランスな機種であり訴求ポイントも難しい

うん、各種難しい運用となりそうな、どうなりますかね?

 

少し興味深い機種ですので2週目以降も継続して色々な角度から振り返ってみようと思います。

 

今回は以上となります。

コメント