6号機,設定6挙動

各種データ等

6号機の設定6挙動をご紹介してみようと思います。

同一設定でも結構違う動きするんですよ。

ご紹介する機種は

・聖闘士星矢海皇覚醒SP

・島漢(シマムスコ)

・ロードオブヴァーミリオンRE:

上記の3機種となります。

 

6689062 / Pixabay

 

聖闘士星矢海皇覚醒SP 設定6挙動

二つの画像でご紹介

まず、これは気持ちいいだろうなというグラフ

はい、ズドーンと上に向かって一直線

なんと言いましょうか、絶好調のジャグラーの高設定というイメージですね。

でもギザギザしているという事は、1回のATの出玉量はかなり少なく、ジワジワ増えるという印象です。

このグラフ台の差玉はおおよそ-6000枚程度となります。

 

次に、マジカヨ・・・という印象のグラフを

結論差玉で-1000枚程度という結果挙動グラフです。

かなりギザギザして見えますが、上限値が低いのでそのように見えてしまいます。

初めに出したグラフと設定は同一ですよ。

 

島漢(シマムスコ) 設定6挙動

こちらも初めに気持ちいい挙動グラフを

上に向かって一直線

道中一度ヘコミますが、ほぼストレートで-5000枚までGO

島漢の有利区間リセット恩恵という感じですかね?

 

次にそりゃないぜ・・・という挙動グラフ

期待させておいてドスン落とすという魔性の挙動です。

こちらは-1200枚程度でフィニッシュ。

グラフのピーク時は-2000枚程度となってました。

 

ロードオブヴァーミリオンRE: 設定6挙動

こちらも中々に気持ち良いグラフです

 

-5000枚フィニッシュですので

皇帝フリーズ等ではなく、純粋にお客様が設定通りにサクサク増やせましたというイメージでしょうか。

ヴァーミリオン打ちたいなぁ・・・

 

そしてガッカリな挙動グラフ

 

ピークの持ちメダルが-1200枚程度です。

で、フィニッシュ時は-700枚程という・・・

 

6号機の設定6挙動はこんな感じですよと

いかがでしょう?同じ設定でもこんな感じで結構違う挙動を示します。

ホールで遊技する際の何かしらの指標にして頂ければと思います。

本日は短いですがこれにてドロン

 

コメント